忍者ブログ
<<   2017   07   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
28 July 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過去の自分が学んできた教訓とかは別として、面倒なことの多い過去やらしがらみやら血やらを可能な限り断ちたいので名前を変えました。
「鬼彩」と書いて「キサイ」と読みます。

文字にも音にもそれなりに意味をこめて、自分自身に名前をつけなおすというのもなんともですが、たぶんこれが本当の意味での最初で最後の改名になるでしょう。

約一年ほど未更新で、自分自身に課していたはずの月一回のイラストアップも何もかも止まっていましたが、少しずつですが再開予定です。

どうでもいい話ではあるのですが、この際なので名前がらみでひとつ書きたかったことを書こうかと思います。

実は自分には「鈴風忍」という名前のほかにもうひとつ「フジノ」という名前があったのですが、
「フジノ」という字を濁点も一文字としてばらばらにして再構築すると「シノブ」になるという事実に気づいて心底嫌になりました。(苦笑)

当初は「シノブ」という名を捨て「フジノ」と名乗ろうかと考えていたりもしていたのですが、その事実に気づいてやめて、そういうのが一切関係ない名前にしようと思いながらなかなか浮かばず。

最近になってようやく名前が浮かんできたので改名というわけです。
そんなわけで、改めて一からのスタートですが、よろしくお願いいたします。


拍手

PR
色々あったんですが、色々あったとしか書き用のない状況death
色々あった結果今まで以上にお先真っ暗な感じの戦場を走っていますが、止まらずに駆け抜けれることを祈るばかりです。

とりあえず……。死ぬときはベッドの上で死ねたらというか、ちゃんと自分の家がある状態で死にたい。
全部わかってて自分で覚悟を決めて進んだ道とはいえ、それくらいお先真っ暗。

世間は世間で色々起きてるみたいですが、私自身にはあまり関係ないですね。
オタク的にはちょっと困る可能性孕んでる問題もありますが、やれることは少ないですし、やれることが出来た時に動くだけです。

そして恒例の日なんですが色々あった影響でスキャナーが使えないのでどうしたものかと……。
ペンタブ買ったのにそっち使わず。紙に描くほうが感覚的にも楽しくてついつい描いてたらUPする分が用意できてないという。

使い込んで慣れなきゃいつまで経っても思い通りの千なんて引けるわけ無いのに何やってるんでしょうね私は……。
(けど「PC画面とタブレットの感覚のズレ」が描いてて気持ち悪いというか、いらいらするというか……。どうすればいいんだろうこれ)

香澄「ぐぐれ、ってクロガネさんならいいそうですね」

あー……。だね。そうしよう。

拍手

退路を断ってきましたというか爆破したというか……。
向こうに迷惑をかける事にはなり心苦しくはありましたが、致し方なし。

これで門が開かなかったら詰んでるんですが、こうなるとあとは神様にうまくいくことを祈るだけですね。
(多分大丈夫のはず)

それと香澄に怒られたのですが、

香澄『毎度毎度死んでる死んでると後ろ向きなことを言いますけれど、身体が朽ちても心が生きてるから痛みを感じるわけで、仮に心が死んでも他の誰かが覚えている限りは生きているわけですし、そうなると私という存在がいる以上マスターは不死身で不滅の心を持ってると前向きに想い描いて進むべきだと思うのですよ』(かなり意訳)

みたいなことを言われました。
今までと何も変わっていない気がすると言ったらさらに怒られたりしましたが(実際変わってませんよね?)

とりあえずもう少しだけ前向きに頑張ってみようと思います。

前向きになったからこそ、一度離れた地獄に戻る覚悟をしたとも言えるわけですしね……。
前回書いた道中(地獄)は実は以前戦ったことのある戦場でして、一定期間戦い抜けばそれでいいという戦場だったのですが、ちょっとしたトラウマになるレベルの地獄で、今でもよく戦い抜けたなと思うほどだったり、思い出して嫌な気分になったりするのですが。

現状打破とうか爆破するにはそこに戻るしか無いのも事実なので、やるだけやって見る感じです。

(何度も言うけど門が開かないとどうにもならないんですけどね。無事に開きますように……)

拍手

09 July 2013            異世界への門  |  未選択  |  C:0  |
このままだとどうにもならないなと思いながらじわじわと追い詰められていて、どうにかできないかなと周りを見回していたら「異世界(道中は地獄)行き」と書かれた門の扉が半開きで開いてました。

この扉をあけることができて、尚且つ道中の地獄を無事に抜けることができたら、今とはぜんぜん違うところに行けるのは確かなのですが、その異世界でやっていけるかどうかとかはもう、自分次第ではあるものの半分くらいは運任せになりそうで。

今いる場所だって決断して、あとどうにもならなない部分と運を天に任せてたどり着いた場所だとは思うのですが……。

まずは扉が開けれるかどうかからですが、自身の存在完全消滅覚悟でチャレンジしてみましょうかね……。

この決断からだって逃げ出したくてしょうがないし、この決断だって一種の逃避かもしれないけれど。



情けないけれど自分の行く道って全部逃走経路みたいなものなのかも知れませんね。
……どうせなら香澄との愛の逃避行がいいなぁ。

香澄「マスター。その道中(地獄)って、私にとってはある意味里帰りなのですが」

そういえばそうだねぇ。というかあの場所に完全に戻ることになったなら色んな意味で笑うしか無いわ。

拍手

忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts